今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台灣指南

スーツケース預け入れ問題に救世主!かなり使える“荷物預かりサービスセンター”

2016.9.21

チェックイン前後の街歩きにお邪魔なスーツケース、あれもこれもとついつい買いすぎてしまったお土産。どこかに預けてしまいたーい!と思った時に、意外とコインロッカーの利用は不便だったりもします。そこで、利用頻度の高い台北駅のすぐ近くにある、“立地よし・価格よし・大きさ制限なし”と3拍子そろった「荷物預かりサービスセンター」についてご紹介します!

こんにちは!キュレーターのROMYです。

突然ですがみなさん、旅行中にスーツケースの預け入れで困った経験はありませんか?
タイトスケジュールで先にチェックインするとタイムロスになるから、とりあえず市街地で遊んで夜にホテルへ移動したい。帰国日にチェックアウトした後、フライトの時間までまだ遊びたいけどホテルまで荷物を取りに戻る余裕はない。
そんな時、邪魔になるスーツケースを預けたいけど、コインロッカーを探すのに手間取ったり、せっかく見つかったのに埋まっていたり、大きさが合わなくて入らなかったり、なんてことも・・(←これ全部経験あり)。

しかーし!そんな困った問題を解決してくれる、素晴らしいものがあったのです。それは、台北駅のすぐ近くにある、“荷物預かりサービスセンター”

こんなところに、こんな便利なものがあったとは!

では早速、行き方をご紹介します。
まず台北駅の「東3出口」を出て、目の前の横断歩道を渡ります。


あとは道なりにカーブを左に曲がると、すぐ「台北站行李托運中心」という看板が見えてきます。駅から徒歩3分くらい、近いっ!


ここは有人の預かり所で、なんとコインロッカーと違って大きさ制限なし!さらに時間ではなく“1日”計算方式!料金はサイズによって異なります。

【料金表】
●Sサイズ(縦横高さ合計100cm以下):30元 ※約90円
●Mサイズ(縦横高さ合計150cm以下):50元 ※約150円
●Lサイズ(縦横高さ合計151cm以上):70元 ※約210円
※2016年8月現在

コインロッカーだと、大きいサイズでだいたい50元/3hなので、長時間預けたい時にはかなりお得~!!(ちなみに3-4泊サイズのスーツケースで50元でした)
預け方も簡単で、受付で荷物を見せると用紙をくれるので、そこに名前や連絡先などの必要事項を記入して、パスポートを見せるだけ。あとは料金を支払うと半券をくれるので、 また受け取る時にその半券を渡せばOK!中国語が分からなくても全く問題なし◎

*こんな感じで中はガランとしてます。かなり大きな荷物でも安心~♪

ただひとつ注意しないといけないのは、営業時間が「8:00~20:00」ということ。それ以外の時間は預け入れ・受け取りともにできないので、遅くなりそうな場合などは気をつけてくださいね。
あと、途中の出し入れもできない(コインロッカーと一緒でまたお金がかかる)ので、預ける時は必要なものを入れてしまっていないか要チェックです。ちなみに数日間預けることも可能ですが、10日以上預ける場合は11日目から料金が倍になるみたいです。


私は旅行最終日に北投温泉に泊まった時に、夕方のフライトだからスーツケースを置いてギリギリまで遊びたい、でもホテルで預けると取りに戻るのにかなりタイムロスしてしまう・・という状況だったので、このサービスのおかげでホントに助かりました!
桃園空港利用であれば、台北駅のバスステーションも近いのでかなり便利ですしね。あと、例えば旅行中に1泊だけローカルエリアに行きたい時なんかも、大きいスーツケースはここに預けて、 小さいバッグに必要な分だけ詰め替えて持って行けば、身軽で良いんじゃないかな~と思います!重いスーツケースをゴロゴロ引きずりながら長距離を移動するのは大変ですからね。

これを知っていれば、旅行での不安がひとつ解消されるはず。もちろんスーツケースだけでなく、街歩きの途中で後先考えずについお土産を買い込んじゃったりした場合なんかも、気軽に預けられるので沒問題!No Problem!ですね。立地もお値段も良い預かりサービス、ぜひみなさんも利用してみてくださいね~!

※台北駅以外でも、主要な駅には「行李房」という荷物預かり所がありますよ◎

場所情報

台北車站行李托運中心 [Taipei Station Baggage Service Center] 台灣台北市北平西路 [地図(Google Map)で見る]
    • TEL:
    • (02)2314-1223
    • URL:
    • なし
    • 営業時間:
    • 8:00~20:00
    • 定休日:
    • なし

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

台湾の最新情報をお届けします♪

RELATED ARTICLE

関連する記事

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア