今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台灣指南

技術も言葉も心配ナシ!日本人オーナーが経営するマッサージ店「活泉足體養身世界」に行ってみた

2017.3.2

老若男女問わず、台湾旅行で必ずやりたいことの一つに挙がってくるのが「マッサージ」。星の数ほどあるお店の中でも、今回は“技術も言葉も心配ナシ!”というマッサージ店「活泉足體養身世界」の体験レポートをお届けします!

こんにちは!キュレーターのROMYです。

台湾に行って“癒やしとパワー”をもらいたい!という方も多いと思いますが、やはり欠かせないのが「マッサージ」ですよね。 でも、正直お店はゴマンとあるし、どこも似たような感じでよく分からなかったり・・。 場合によっては、せっかく行ったのに技術やサービスに不満が残る、なんてことも・・(←経験あり)。

そこで今回は、皆さんに安心してオススメできるお店を見つけるべく、 口コミ評価の高い「活泉足體養身世界」で足ツボとリンパマッサージを体験してきたので、 詳しくご紹介します!

行天宮の斜め向かいでアクセス良し!

MRT「行天宮駅」4番出口を出て松江路を北上すると、民權東路二段にぶつかります。 行天宮を斜め前にして左折し進んで行くと、 歩道に大きな足のマークが。そこが「活泉足體養身世界」です(駅から徒歩5分くらい)。

ワンフロアはそこまで大きくないですが、清潔感があり、 必要なものがシンプルにまとまっているような印象。 靴を脱いでスリッパに履き替えたら、奥の受付でコースを選びます。

<基本メニュー>
●足裏マッサージ:40分 550元/70分 990元 ※うち10分は足湯
●全身指圧マッサージ:60分 1,000元/90分 1,500元
●アロマオイルマッサージ:90分 1,800元/120分 2,400元
●深層オイルマッサージ(※リンパ):60分 2,000元/90分 3,000元
●角質取り、魚の目取りetc:500元
●カッピング、かっさ:300元

<セットメニュー>
●足裏マッサージ40分+深層オイルマッサージ 90分:3,000元
●足裏マッサージ70分+深層オイルマッサージ 60分:2,690元
●足裏マッサージ70分+全身指圧マッサージ60分:1,890元
●足裏マッサージ40分+全身指圧マッサージ60分:1,390元
※2017年3月時点

ここのウリはリンパマッサージということで、 私は前述のとおり「足裏+深層オイルマッサージ」をチョイス。 着替えのズボンが用意されているので、どんな格好で来ても大丈夫。 カギ付きの更衣室で着替えたら、早速コーススタートです!

ピンポイントで不調が分かる!足裏マッサージ

まずは1階奥のスペースで、10分間の足湯タイム。 足をつける桶、衛生面が気になるという方もいるかもしれませんが、 ここは内側にビニールが敷いてあるので安心です。

さらに、足湯をしながら首と肩のマッサージサービスも。 日頃デスクワークでがちがちに凝り固まっているので、 ゆっくりとほぐされてとっても気持ちいい~!

グリーンのチェアに移動したら、いよいよ足ツボ開始です。 このお店のマッサージ師は、720時間の訓練を経て、 さらに10年以上の経験を積んだ最高水準の技術者のみ(!)とのことですが、 その中でも1番技術力が高いという女性の先生に施術していただきました。 ちなみにマッサージ師は一人ひとり番号を持っていますが、この先生は12番です。 (とっても人気の先生なので、指名したい場合は予約の際に要相談)

マッサージクリームを塗って、足裏のツボを順番に押していきます。 最初は結構余裕だな~なんて油断していたら・・突然の激痛!! どこが悪いのか先生に聞くと、「頭」との答え。 もしや頭が悪いということなのか・・そんなことまで足ツボで分かってしまうのか・・ なんて思っていたら、どうやら睡眠不足とのこと(笑)。 確かに、普段夜更かし気味な上に、さらに台湾では睡眠時間を削って遊びがちなので納得。

その後も、気持ちいいな~と思うところと、ピンポイントで痛いところがあり、 痛いところは目、腰、水分不足、などなど・・どれも思い当たるものばかりでした。 満遍なく痛いのではなく、調子が悪いところだけ感じるということは、 いたずらに強く押しているわけではなく確かな技術があるということ。 悪いところの改善が目的なので、 痛くても少しの間身体をくねらせながらガマン・・(笑) でも、強さを確認しながら施術してくれるので、 痛いのが苦手という方は先生に伝えれば大丈夫だと思います!

むくみが気になるふくらはぎも丹念にマッサージしてもらった後は、 仕上げにあつあつの蒸しタオルを巻きます。 タイマーを使っているので、もちろん時間をごまかすなんてこともなし。 きっかりたっぷり施術してもらいました。

カラダの巡りを改善!リンパマッサージ

続いて上の階に移動して、今度はリンパマッサージ。 1階のオープンスペースとは打って変わって、 個室の中は落ち着いた照明に静かな空間。

今度は短パンから紙パンツ1枚に着替えて、いよいよ施術開始! 先ほど足裏をやってくれた先生がそのまま担当してくれました。 ちなみに女性には女性の先生がつくので安心ですよ。

リンパマッサージとは、滞ったリンパ液の流れを促し、 たまった老廃物などをスムーズに排泄させるもの。 リンパの流れに沿って押し込んでいくのですが・・ 先生、思った以上の力でぎゅうぎゅうくる!(笑) もちろん痛くはないのですが、私の滞りまくったリンパをちゃんと流れるようにしなきゃ! という先生の気合いがひしひしと伝わってきました。ありがたや。

何度も「寒くない?大丈夫?」と声を掛けてくれるのですが、 むしろ巡りが良くなってきたのか、身体はぽかぽか。 心地よいBGMも相まって、最後の方は夢うつつに・・。 先生に「終わりましたよ」と声を掛けられ、ぽやーんとする頭で 洋服に着替えたら、コース終了。 前日かなり夜更かしをして、さらに朝から動き回ってくたびれていた身体が、 終わった後はビックリするほど軽くなっていました! あれだけぎゅうぎゅうやって、翌日揉み返しが起きないだろうか・・と ちょっぴり心配していましたが、その点も全く問題ナシでした◎

なんとオーナーは日本人!

実はここ、林さんという日本人男性が経営しているお店なんです。 とても気さくな方で、お客さんともフレンドリーにお話をされていました。 特に印象深かったのが、私の後に1人で来店した日本人女性とのやり取り。 ドアを開けるなり「昨日無事に○○へ行ってきましたよ~!」と まるで友達に話すかのように嬉しそうに報告されていて、 きっと何度も通われているんだろうなぁと思いました。

一人旅って、ともすると誰とも話さずに1日が終わってしまったりしますが、 言葉の壁を気にせず日本語で気軽にお喋りができるところも、 「活泉足體養身世界」の魅力の一つなのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか? しっかりと訓練を受けている、 かつ日本人オーナーのお眼鏡にかなう先生だけあって、 施術内容も気遣いもバッチリでした。 忙しない日常においては、自分の身体と向き合うことをついつい疎かにしてしまいがち。 だからこそ、自分の今の状態を知れて、不調なところをメンテナンスしてもらえるマッサージっていいものだなぁと、改めて感じました(そして日頃の生活習慣の乱れを猛省・・)

場所が行天宮のすぐ近くなので、お参りとセットで行くのも良いと思います。 ちなみにHowtoTaiwanでご紹介して話題沸騰!の、 ガチョウ肉が食べられる「阿城鵝肉」も同じエリアにあるので、 ぜひこちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね!

最後に。全身マッサージを受けたい場合には、 食後すぐにお腹を押されるのはキケン(笑)だと思うので、スケジュール組み立ての際にはご注意を~!

お店情報

活泉足體養身世界 【民權店】台北市民權東路二段134號 ※行天宮斜め向かい [地図(Google Map)で見る]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

台湾の最新情報をお届けします♪

RELATED ARTICLE

関連する記事

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア