今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台灣指南

Pinkoiで台湾クリエイター作品に触れてみよう!日本で買えるキュートな「電鍋ピアス」

2016.12.6

台湾発のECサービス「Pinkoi」はアジア最大級のデザイナーズマーケット。それどこで買ったの!?と聞かれるような個性豊かな商品も、実は日本で簡単に買えちゃうんです。今回は私が実際に購入した「電鍋」モチーフのピアスをご紹介。台湾マニアにはたまらない♡ 商品をゲットしてみてくださいね。

こんにちは!小伶(しゃおりん)です。
突然ですが、皆さん「Pinkoi(ピンコイ)」って聞いたことありますか?
アジアの優れたデザイナーの作品を世界中の人々に知ってもらおうと2011年8月に台湾で事業を開始し、日本、タイ、中国大陸、香港、マカオ、アメリカ、カナダなど、グローバルに展開したECサービス。

現在ではアジア最大級のデザイナーズマーケットとして7,000以上ものショップが展開され、世界各国のデザイナーによるクリエイティブなオリジナル商品が、なんと64万点以上も出品されています。

2015年にはピンコイ株式会社を東京の代官山に設立!もちろん日本語対応もしているので安心です。

ピンコイ、ピンコイ… と、思わず何度も名前を呼びたくなる可愛い響きですが、この名前も日本語の「」をイメージしているそう!確かにPinkoiのロゴを見てみると、目がハートのピンクの鯉がモチーフになっています。

その由来も「急流を登りきった鯉は龍になる」という古くからの伝説にもとづいているそうで、世界中のクリエイターと一緒に、急流を登る鯉のように日々進化するという願いが込められているそう。なんだかこれも台湾らしい!

そもそも電鍋ってなあに?正式名称は「大同電鍋」

今回はPinkoiで「電鍋ピアス」を買いましたというお話なのですが、そもそも「電鍋」ってなに!?という方のために説明をすると、正式名称は「大同電鍋」というもの。

もとは炊飯器としてデビューしたのですが、炊く、煮込む、蒸すが全部できる万能っぷりに台湾人は惚れ込み、現在台湾ではどの家庭にも一台はあるという優れもの!台湾のコンビニでは「茶葉蛋」という煮卵がこの電鍋に入って売られているのを、見たことがある人も多いのではないでしょうか?

台湾の家庭料理のレシピ本などを見ると、「調味料と具材を電鍋に入れて、スイッチ入れて放っておくだけ!」といったものも多くあり、まさに台湾の台所になくてはならない存在なんです。

フォルムや可愛い色合いに魅了されて、最近は電鍋を台湾で買って母国へ持ち帰る観光客もいたり、日本からもネットで購入できるようになったりと、台湾好きの中ではお馴染みの電鍋。

今回購入したのは、そんな電鍋をモチーフにしたピアスですが、日本でいうなら、炊飯器をモチーフにしたピアスというところでしょうか!?
これはかなりマニアックな商品に違いない…

電鍋ピアスを作っているのは、台湾の「田田製作所」

というわけで、早速!Pinkoiに会員登録をして使ってみます(Facebookアカウントなどでも登録できるのでとっても簡単!)。
今回お目当ての電鍋ピアスは、台湾のクリエイター「田田製作所( TienTien Workshop)」が手作りで販売しているもの。商品名やショップ名で検索ができるので、そこで「田田製作所」と入力すればヒットしますよ〜!

ちょうど12月なので、クリスマスモチーフのものもありました。
木の素材を使った小さなピアスに、とても精巧なデザインが施されているのが特徴。そしてデザインもどれも個性的で、左右それぞれに違ったモチーフが使われています。

ポップなイラストの中に木素材の優しさがあり、それがまたいい味出してる〜!そして、見つけました!お目当ての「電鍋」モチーフ!

こちらも左右違うデザインになっていて、片方は電鍋、そしてもう片方はお茶碗に入った白ご飯。色も、赤・黄色・緑・ピンクと展開がありました。

お値段は960円(送料別)。手作りですが、良心的な価格でいい感じ。

厚みも3~4mmあるので、小ぶりながら、なかなか存在感もあります。

田田製作所さん、こうした台湾モチーフのデザインが得意なようで、ほかにも台湾の飲料店を彷彿させるドリンクのカップのモチーフや、台湾の名物のひとつである「拖鞋」ことビニール製のスリッパも!(笑)

なかなかつける勇気がないけれども、拖鞋とセットでこんなものも…!
きゃー!食事中の方、ごめんなさい。

あれもこれも可愛い!と色々悩みながら、結局、電鍋ピアスを3色、色違いで購入。
日本への送料は、515円でした。期間によっては初回購入割引や、ポイントが使えるケースもあるので、購入時には色々見てみてくださいね。

2週間後、文句なしに可愛い商品が無事に到着!

商品購入から2週間ほどで、無事に手元に商品が届きました。
開封してみると、一つ一つ、丁寧にオリジナルのケースに入れられています。

台紙などはシンプルですが、問題なし。予想どおり、文句なしに可愛い〜!

精巧に作られた仕上がりもイメージどおり。
電鍋の色と台紙が揃えられているのがまた可愛い。

thumb_cimg1729_1024

私が3つ購入したのは、台湾好きな友達へのプレゼント用でもあったので、このケースごとプレゼントできるのはなかなか便利だし、喜ばれそうです。

ピアスの収納を別の場所にしている私は、ロゴ入りのこのケースを、今ではピルケースとして使っています。

thumb_cimg1730_1024

小ぶりなのに存在感のあるデザイン。日本でつけている人がいたら「もしかして台湾好きなんですか?」と、思わず声を掛けてしまいそう!

ちなみに前回の台湾行きではこれを付けていきましたが、意外と気付いてくれる人はいなくて、たまたま台湾人と電鍋の話になったときに「コレコレ!見てみて!」とアピールしたら、ようやく気付いて笑ってくれました。。。(ホッ)

しかし、台湾人にまで「それどこで買ったの!?」と聞かれる始末!
夜市でもありそうなデザインですが、ここまで精巧に作られたものは見たことなかったので、これはお値段の価値がありましたよ〜!

thumb_cimg1731_1024

田田製作所、フェイスブックページもあります。

まるで文創地区をショッピングしているみたい!
見ているだけで楽しい「Pinkoi」

Pinkoiでの「電鍋ピアス」購入体験記、いかがでしたか?
さすが、クリエイター視点ということで、なかなか普通ではお目にかかれなさそうな商品が他にもたくさん!Pinkoiで出品されています。

例えば、こんな赤ちゃんのお尻がはみ出ているように見えるロンパースだったり(萌)


商品エリアを「台湾から」など国に絞ると、その国のクリエイターたちの商品を絞り込めるのも嬉しい。



アクセサリーや文房具、ベビーグッズやペットグッズ、家電やグルメまで!
台湾のお茶の葉や調味料、手作りクッキーなんかも買えちゃいます。



こうして見ていると、なんだか台湾の文創地区でお買い物をしているような気分になれるのも、幸せ♡ 脳内での妄想台湾旅行も捗る・・・!


というわけで今回は、台湾のクリエイターの商品が気軽に買える「Pinkoi」をご紹介させていただきました。種類や商品数も多い上に、送料やお値段も比較的安かったりするので、自分用・ギフトなどにも、ぜひぜひ活用してみてくださいね!

Pinkoi(日本語版)はこちらから >> https://jp.pinkoi.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

台湾の最新情報をお届けします♪

RELATED ARTICLE

関連する記事

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア