台灣指南

今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台湾基本情報

台湾の新幹線は「外国人優待」があるって知ってた?

こんにちは!小伶です。台湾も新幹線が開通したおかげで、随分とラクに台北以外の地方都市に遊びに行けるようになりました。「本当の台湾は台北以外の場所にあり」とも言われているほど、台湾の中部・南部・東部には観光客向けに作られていない、ありのままの台湾の風景が広がっています。

cimg0854

今では、台北から台南まで、新幹線だと1時間45分ほど!時間をやりくりして一泊だけでもこうしたローカル旅に出ると、きっともっとディープで楽しい台湾が楽しめるはずです。

「外国人優待」で25%OFF!チケット購入方法をご紹介

そんな新幹線ですが、通常だと主要駅にてチケットを購入したり、事前にオンラインでチケットを購入することになるかと思います。早割などでのチケット購入方法もあるのですが、実は「外国人限定」の優待があること、知ってましたか?

実際にこの優待を使うと、なんと通常の25%OFFで新幹線チケットが購入できてしまうんです!

cimg0554

そのチケットを簡単に買うには「kkday」というサービスがオススメ。こちらは台湾発のウェブサービスで、旅行先での交通や体験ツアーなどが簡単に購入できます。こちらからkkdayにアクセスして、検索窓から「台湾」「新幹線」などと検索すると、以下のようなメニューが出てくるはず。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-22-17-13


【外国人限定】とタイトルに付いていることを確認してくださいね。
乗車駅」ごとにメニューがあるので、どこから乗るかを確認してチケットを選択。選択後の詳細画面で「乗車する日付」と「下車駅」を選択します。ここでチケットを取っておくと、当日は指定席で新幹線に乗れるので、すでに予定が決まっているなら、これで事前に往復分のチケットをそれぞれ取っておくと安心です。パスポート番号や名前・性別などを入力して、クレジットカード(またはpaypal)で購入が完了すると、確認のメールが届きます。

新幹線のチケット売り場で、実際の切符に交換

新幹線に乗る当日は、これを実際の切符に交換してもらう必要があるので、改札へは直接行かずに、まずはチケット購入窓口へ。

cimg0555

バウチャーのPDFとパスポートを窓口で見せると、「乗るのは今日か?」「◯時◯分の新幹線で問題ないか?」といったことを受付のお姉さんに聞かれます。大体、最も早い時間の新幹線を案内してくれるので、時間の指定がある場合はここで希望する時間を伝えましょう。切符はこんな感じ。通常の改札に渡す切符をホッチキスで台紙に止められたものを渡されます。

cimg0557

これを改札に持っていって、改札にいるスタッフに、またパスポートとあわせて見せればOK。その場でハンコを押してくれて「◯番乗り場に行ってね」と改札の中に入れてくれます。ちなみにこの切符は指定席なので、チケットに書かれた号車、席番をチェックして、ホームで新幹線を待ちましょう。

cimg0826

新幹線から降りるときも、パスポートを持って改札のスタッフへ。この時もパスポートを見せるように言われます。同じようにハンコを押してもらって改札外に出ます。

新幹線といえば!駅弁でしょ!

新幹線の各駅では、駅弁が売っております!中国語で「駅弁」は「鐵道便當(鉄道弁当)」といいます。こちらは台北駅にある駅弁屋さん。新幹線の改札内ではなく、外にあるので要注意。日本の駅弁と違って、やや温かい状態で売られているのが嬉しい(そういえば台湾人は冷えたご飯は食べないですね)。

cimg0559

「新幹線といえば、やっぱり駅弁でしょ!」と思って、意気揚々と購入した“鐵道便當”。新幹線内で早速食べようとしていたら、隣にいた台湾語を話すおじいちゃんに「その弁当はいくらで食べれるんや?」と聞かれました。「80元..」と答えると、「その大きさで80元は高すぎる」となぜか怒られました。(笑)

cimg0568

そうかしら?と思ってあたりを見渡すと、同じようなお弁当食べてる人なんて誰もいなーい!意外や意外、こういうところではしゃがないのが台湾人です(コストパフォーマンスには特にうるさいしね)。

kkdayを使った新幹線チケット購入時の注意点!

一度チケットを取ると、日程の変更はできません。また購入時に入力した名前はパスポートと一致している必要があるため、間違って旧姓などを使って購入してしまわないように注意が必要!

実は私が、ここを早速間違えて購入してしまって..(いつかやると思ってた)
間違いにはすぐに気付いたものの、問い合わせをしてみると「一度キャンセルして、チケットを取り直す必要がある」とのこと。キャンセル料(1.5%)が発生してしまいましたが、まあ100円ちょっとだったからいいか… と諦め、無事に正しい名前でチケットを購入できました。キャンセル料の払い戻しもメールで連絡がきます。

このあたりの問い合わせのやり取り、kkdayから日本語のメールが届いたのですが、翻訳サイトで変換しただけなのか、ちんぷんかんぷん…(泣)結局中国語で問い合わせすることになりました。

またこれは新幹線乗車時の注意ですが、新幹線の各駅(高鐵XX站)というのは、台北駅以外は、ほとんど市内からちょっと離れた場所にあります。タクシーに乗ってしまえば20分ほどと早いですが、台湾では、建物がない辺鄙な場所に新幹線の駅が存在していますので、ここは注意!

外国人優待チケット購入してみた!まとめ

そんな外国人優待チケット。一度購入してからは味をしめて、すべての移動をkkdayで購入しました。ほかにも期間限定のキャンペーンなどで安く購入できる販路もありますが、kkdayが最も安定してチケット提供されている印象です。

25%も安く新幹線に乗れる上に、ややこしい券売機などで購入する必要もなく、使った切符も記念に持ち帰らせてくれるので、外国人優待はかなりおすすめ。私が購入したときは、台北↔台中の移動で、US$17.20、台南から台北の移動で、US$33.20でした。通常の価格より安いのはもちろん、日本の感覚からすると、かなりお手頃ですよね。急遽移動しないといけないことになった!というときも、乗車前日のオンライン予約で全く問題ありませんでした。

cimg0557

日本よりも随分安い値段で乗れる台湾新幹線。いかがでしたか?
「kkday」のアクセスはこちらから。せっかくの台湾旅行。外国人優待で時間を効率的に使って、気軽なローカル旅を楽しんでみてくださいね!

RELATED関連する記事