今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台灣指南

おうちで台湾映画三昧! Netflixで今すぐ視聴できるおすすめ台湾映画まとめ

2021.3.31

人気の動画配信サイト「Netflix(ネットフリックス)」にて配信されている話題の台湾映画を、おすすめポイントとあわせてまとめました。Netflix以外では見られないレアな作品もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

こんにちは! Howto Taiwanの小伶(しゃおりん)です。
過去記事でお家でたっぷり台湾エンタメが楽しめる「Amazon プライム・ビデオ」で現在無料配信中の台湾映画たちをご紹介させていただきましたが、今回は! 日本未上映の作品やオリジナル制作コンテンツが満載の「Netflix」で視聴できる話題の台湾映画&ドラマシリーズをご紹介します。

順不同で、おすすめポイントと共にご紹介していきます。いずれも日本語字幕付きですので、ぜひこの機会に気になる台湾映画をチェックしてみてくださいね!

先に愛した人

原題:誰先愛上他的/Dear Ex

Dear-Ex

死んだ父親の恋人で保険金受取人にもなっている自由気ままな若い男と、その事実に激怒する気の強い母親の間に挟まれ、思春期の息子は戸惑いを隠せない。(filmarksより)

2018年に公開され大ヒットとなった作品。台湾のアカデミー賞とも呼ばれる「金馬奨(きんばしょう)」では、作品賞や主演男優賞など8部門でノミネートし、母親役を演じた謝盈萱(シェ・インシュエン)は主演女優賞を受賞しました。この映画を印象づける主題歌を歌ったのは、李英宏(リー・インホン)。こちらも主題歌賞を受賞し、さらに編集賞も受賞。第92回アカデミー賞国際長編映画賞には台湾代表作として出品され、世界的にも高く評価された作品です。

複雑な事情を抱えた登場人物たちみんなの不器用な愛がぶつかり、そしてすべての真実が明らかになったときに涙する…。そのストーリーも素敵ですが、実写の映像に手描きのイラストアニメーションが加わったりと、シリアスな展開を少し軽く見せてくれる演出もとってもスタイリッシュ。役者陣の迫真の演技にも引き込まれます。NHKで放送された日台合作ドラマ「路 ~台湾エクスプレス」で台湾高鐵の社長代理役を演じていた梁正群(リャン・ジェンチュン)もちょい役で出てますよ〜! 個人的にも大好きな作品です。

視聴はこちらから▼
https://www.netflix.com/title/81045891

君の心に刻んだ名前

原題:刻在你心底的名字/The Name Engraved in Your Heart

kiminokokoroni

1987年、戒厳令が解除された直後の台湾。家族からの期待とプレッシャー、同性愛者への差別、社会の偏見の中で、高校生のジアハンとバーディは恋に落ちる。(Filmarksより)

2020年に台湾で公開された作品で、台湾映画史上最も多くの興行収入を記録したLGBT映画として大きな話題となりました。2020年の金馬奨では、最優秀撮影賞を受賞。さらにHowto Taiwanでも度々ご紹介している台湾の人気シンガーソングライター 盧廣仲(クラウド・ルー)が主題歌「刻在我心底的名字」で最優秀オリジナル楽曲賞を受賞しました。

この曲のMVでも本作の素晴らしさが伝わると思うので、ぜひぜひこれだけでも観て…! 蔡依林や五月天、周興哲、魏如萱などもカバーしています。


戒厳令が解除された直後の台湾が舞台となっていて、当時の学校生活や蒋経国総統追悼式に参加する様子など、歴史背景も見事に描かれています。多様性を歓迎する今の台湾とは正反対の同性愛がタブーとされていた時代、命を削るような想いで互いを愛し、同時にその愛を押し殺す姿に胸が締め付けられます。

バーディーの彼女の30年後としてカメオ出演しているのが、魏如萱! 台湾エンタメ好きなら思わずニヤニヤしてしまうはず♡

視聴はこちらから▼
https://www.netflix.com/title/81287844

弱くて強い女性たち

原題:孤味/Little Big Women

little_big_women

音信不通だった父親が亡くなり、遺された母と娘たち。自分たちの知らない父の暮らしと死の現実に向き合うことになった家族の葛藤を描いたヒューマンドラマ。(Netflixより)

台湾で大ヒットしたあの作品が、いつの間に〜!? と驚くことが少なくないNetflix。2020年、台湾映画の最高興収を記録した作品「孤味」もしれっと全世界独占配信されていますよ!

母親役を演じた陳淑芳(チェン・シューファン)は、本作品で金馬奨の主演女優賞に輝きました(なんと御年81歳!)。さらに「先に愛した人」で母親役を熱演した謝盈萱(シェ・インシュエン)、そして日本でもおなじみの徐若瑄(ビビアン・スー)、孫可芳(サン・カーファン)が個性豊かな三姉妹を演じたことも話題に。女性たちの繊細な感情を描く作品ですが、映し出される台湾の映像や台湾語もとっても印象的で、台湾ロスの心に沁み入る作品です。

視聴はこちらから▼
https://www.netflix.com/title/81312527

ひとつの太陽

原題:陽光普照/A Sun

o0629042814889030878

問題を起こしてばかりの弟が少年院に送られたことをきっかけに、家族としてのバランスを失った一家。絶望のどん底で、さらに予想もしない悲劇に見舞われ…。 (Filmarksより)

次男の逮捕をきっかけにバランスを失った家族の崩壊と再生を描き、2019年の金馬奨で作品賞など5冠に輝いた台湾発のヒューマンドラマ。156分の長編かつ、やや重いテーマを扱った作品ですが(冒頭いきなりショッキングなシーンも)、陽のあたる場所と影の部分を交互に映し出すような映像はとても美しく、ひとつの家族の揺れ動く物語を表しています。

日本の人にとっても馴染み深い名曲「花〜すべての人の心に花を〜」が挿入歌に使われています。登場人物全員の感情の変化や静かな覚悟が丁寧に描かれた、見応えのある作品です。

視聴はこちらから▼
https://www.netflix.com/title/81168282

怪怪怪怪物!

原題:報告老師!怪怪怪怪物!/mon mon mon MONSTERS

25133a49767bbad55733cfacb30e307c-2

いじめられっ子のリン・シューウェイは、いじめっ子3人とともに、教師から独居老人の手伝いをする奉仕活動を命じられ、そこで2匹のモンスターに遭遇する。彼らは小さい方のモンスターを捕まえて、独自の「調査」と「実験」を始めるが、やがてモンスターは彼らの手に負えなくなっていく。そして、それは恐怖の始まりだった…。本当に恐ろしく、怖いものとは一体…。(Filmarksより)

2017年制作の台湾発学園ホラー。『あの頃、君を追いかけた』でお馴染みの九把刀(ギデンズ・コー)が監督・脚本を務めているのですが、ちょっとコメディ要素のある楽しげな予告編に騙されて観てしまうと大変なことになりますので要注意! 醜い人間の描写、そしてグロテスクで過激なシーンが盛りだくさんのスプラッター映画です(R-15指定)。

2017年東京国際映画祭でも上映されたそう。興味深いことに、本作の挿入歌には日本にもファンの多いYEN TOWN BANDが歌う「My Way」が使われていて、あの可愛いCharaさんの歌声が、映画の中の大虐殺シーンを印象づける一曲に…。

心ときめく胸キュン青春映画を作ったギデンズ・コーが、次作として公開したのがこの映画だったということが一番のホラーでは? という感想をたくさん見かけました(笑)。覚悟して観てくださいね!

視聴はこちらから▼
https://www.netflix.com/title/81032951

返校(ドラマシリーズ)

detention_top

心機一転、新たな生活を始めるため田舎の高校に転校してきた女子生徒。 そこで待っていたのは、思わぬ裏切り、不可解な現象、そして呪われた秘密。(Netflixより)

ここからはちょっとおまけ的に、Netflixで独占配信されている台湾発のドラマシリーズもご紹介します!

世界的に大ヒットした台湾発のホラーゲーム「返校 -DETENTION-」が原作となった映画『返校』が台湾で公開され、社会現象になっていましたが、そのドラマ版がNetflixで独占配信中。政治による弾圧「白色テロ時代」という40年にも及んだ負の歴史を正面から描いた本作ですが、ドラマ版は映画のさらに30年後の1990年代の翠華高校を舞台としています。

転校生のリュウ・ユンシャンが亡霊のファン・ルイシンに遭遇したことを発端に、隠された歴史やトラウマ、検閲時代に自由を求めて闘い迫害された生徒と教師たちの秘密が解き明かされていく…。ホラーというジャンルで紹介されることが多いですが、自由を禁じられた時代を深く考察して描かれたダークミステリーです。

映画『返校』も、邦題『返校 言葉が消えた日』として2021年7月より全国の映画館での公開が決定しています! ぜひ映画版を観る前の予習として、ドラマ版もチェックしてみてくださいね!

視聴はこちらから▼
https://www.netflix.com/title/81329144

子供はあなたの所有物じゃない(ドラマシリーズ)

原題:你的孩子不是你的孩子/On Children

20190422215455

社会的プレッシャー、大きすぎる親の期待、家庭の崩壊。不可思議な物語を通して、社会や家庭の重圧によりもたらされる悲劇を鋭く描く。(Netflixより)

こちらも台湾で2018年に公開され、社会現象となったドラマシリーズ。さまざまな事情を抱えた親子の物語を一話(約90分)完結で描くドラマシリーズで、子供の人生をコントロールできてしまうリモコンを手に入れた母親や、世間からの目を気にして極端な手段に手を染める母親など、社会風刺的な展開の物語が続きます。

”世にも奇妙な物語” や ”ブラックミラー” に似たようなテイストなので、そういった作品が好きな方におすすめ! フィクションながら、子供に過度な期待を寄せる親の姿やエリート志向の社会問題など考えさせられることも多く、「あなたの子供はあなたの子供じゃない」という原題タイトルが本作のメッセージを表しています。

視聴はこちらから▼
https://www.netflix.com/title/81000509

Netflixで今すぐ視聴できる台湾映画まとめ

以上、Netflixで視聴できる台湾映画&話題のドラマ作品をまとめてみました。台湾でヒットした作品をいち早く独占配信していることが多いNetflix。ぜひ今後の公開情報もいち早くチェックして、台湾の今を映し出す映画を制覇してくださいね! 今後もこちらのリストは順次更新予定です。おうちで台湾エンタメ、一緒に楽しみましょう♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

little_big_women

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

台湾の最新情報をお届けします♪

RELATED ARTICLE

関連する記事

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア