高雄の魅力を味わい尽くす、ギャラリー併設のアートなデザイナーズホテル「小島公寓」(高雄市内)

2018.3.4

  • 美麗島駅から徒歩5分、六合夜市も徒歩圏内
  • 高雄の有名な空間デザイナーが手がけた設計
  • 全室デザインの違うスタイリッシュなお部屋
  • 高雄のローカル朝ごはん付き

HowtoTaiwanは、台湾で人気の民宿予約サイト「Dear b&b」と提携し、厳選されたこだわりの民宿の予約を受け付けています

世界の美しい地下鉄駅として知られる、高雄の美麗島駅。
周辺には老舗のローカルグルメや観光客に人気の六合夜市がありますが、そんな賑やかなスポットから徒歩5分ほどでたどり着くのが、周りの街並みからは想像もできないほどに洗練された空間。スタイリッシュなデザイナーズホテル「小島公寓」です。

アクセスも抜群のこちらのホテルでは、地元で有名な老舗「老江紅茶」の朝食が宿泊者に無料で提供されるのも嬉しいポイント!ホテルはスタイリッシュな雰囲気ですが、朝ごはんの時間には高雄のローカルな一面も楽しませてくれること間違いなしですよ。

アートを生活空間で楽しめる、ギャラリー併設の一棟ビル

お洒落な外観のビルの一階は同じオーナーが運営するギャラリー、その上の各階に、6つの個性的なデザインが施されたスタイリッシュなお部屋があります(一階部分は現在リニューアル中で、2018年中にカフェになるとのこと)

「小島公寓」の外観

可愛い「小島」の文字。”ISLAND HOUSE”と名付けられたこのホテルはまさに都会の中にぽっかりと浮かぶ小さな島のよう。高雄のメインステーションの近くにいながら、この場所ではゆったりとした静かな時間が流れるのを感じます。

建物の二階にはこちらのオーナーが運営するデザイン事務所「小島設計」があり、さらに階段を上がった各階には、それぞれに違ったテーマで設計されたお部屋があります。一般的なホテルのようにフロントもエレベーターもありませんが、現地ではスタッフの人が待ってくれていました。荷物を上げるのも手伝ってくれますよ。

「小島設計」の事務所

「小島公寓」の内観

こんな部屋に住みたい!外国映画に出てきそうなダブルルーム

今回宿泊したのは「藝術牆(アートな壁)」と名付けられたダブルルーム。名前の通り、お部屋に入ってみると、ベッドのスペースを仕切るように設置された壁に様々なアートが飾られていました。

アートだらけの「藝術牆」の内装

広々クイーンサイズのベッドの脇には間接照明が置かれ、とっても安らぐ雰囲気。これだけ沢山のアートを目の前に眠るなんて、一般的なホテルではなかなかできない体験ですよね。

「藝術牆」のベッド

壁の向こう側には日当たりの良い窓と、広々とした4人掛けのソファがありました。クッションやカーペット、壁に飾られているさりげない雑誌も含め、とても心地良い空間を演出してくれています。

「藝術牆」のソファ

大きな壁掛け式のテレビも嬉しい!まるで自分のお家のようにゆったりくつろげますよ。

「藝術牆」の広々としたお部屋

ソファの横にはバーカウンターも。台湾南部の名物であるドライマンゴーもありました。
ミネラルウォーターも用意されていますが、環境保全のためペットボトルは使わないとのこと。こうしたエコを意識した民宿は台湾にはとても多く、こちらの「小島公寓」も使い捨てのアメニティなどの用意はありません。歯ブラシやボディソープ、シャンプーなどは自分で用意するのを忘れずに。

「藝術牆」のアメニティ

ペットボトルではないミネラルウォーター

それぞれ別に設計されたシャワールームとトイレ、洗面台もとってもオシャレ。
ガラス張りのシャワールームもカーテンで外からは見えないようにできます。

「藝術牆」の洗面台

「藝術牆」のシャワールーム

カーテンのおかげでプライバシーも安心

天井が高く、至るところに鏡があるおかげで、お部屋がすっきり開放的な印象。
朝日が差し込むお部屋で、朝もとても気持ちよく目覚めることができました!

スタイリッシュな内装の中に見える、高雄の伝統とアートの融合

「小島公寓」のお部屋のデザインを手がけるオーナーは、高雄に根付く伝統的な文化もとても大切にしています。たとえば別のお部屋では、高雄の昔ながらの建築でよく使われているトタン板を壁に張っていたり、ステンレスの板をテレビ掛けに使っていたり。

おしゃれなデザインのテレビ掛け

それだけだと殺伐とした雰囲気になりそうですが、間接照明やアート作品、レンガ造りの壁などと融合していることで、全体としてとてもスタイリッシュな印象に。昔ながらの建築資材が活かされているとは思えない、素敵な空間です。

おしゃれなウォールアート

こうした生活空間の中で、高雄人の歴史や伝統に触れられるのは嬉しいですよね。高雄をとても愛しているオーナーの気持ちも伝わります。

懐かしくて素朴な味わい、高雄の老舗「老江紅茶」で朝ごはんを

そんな素敵な空間でゆっくり眠った翌朝は、民宿から徒歩5分ほどの場所にある老舗の朝食店「老江紅茶」でローカル朝ごはん。「小島公寓」に宿泊すると、こちらのお店で使えるチケットが提供されます。

「老江紅茶」の外観

現地の台湾人も「高雄に来たらここの朝ごはんを食べなきゃ!」と言うぐらいの有名店。朝から行列ができることもあるこのお店のハムエッグトーストは、とっても素朴で昔懐かしい味。チケットで無料提供されるのは、ハムエッグトーストとアイスティーのみ。メニューの変更はできません

「老江紅茶」で朝ごはん

「蛋要熟嗎?(ダンヤオショウマ?/卵の黄身は火を通す?)」と聞かれたら、ぜひローカル気分で「半熟!(バンショウ/半熟)」と答えてくださいね。もれなく手は汚れますが(笑)、トーストに挟まった目玉焼きからとろ〜り黄身がこぼれる、高雄人が愛してやまないやみつきな味に出会えます。

トロトロたまごがたまらない

名物であるアイスティーもほんのり甘く、朝からスッキリ目が覚める美味しさ。
この素朴で懐かしい味わいが人気の秘密です。

スタイリッシュなホテルとローカル朝ごはん屋さんのギャップがたまらない!
高雄の新しさと昔から変わらない生活を、同時に楽しんで欲しい!というオーナーのおもてなしの気持ちが伝わります。

アクセス&周辺環境

高雄の地下鉄「美麗島」駅から徒歩5分ほど。
駅前には美味しい鶏肉飯が楽しめる「大圓環」があったり、徒歩圏内に六合夜市があったりと立地は最高!台湾南部にしか展開していないチェーンの排骨飯屋さん「正忠排骨飯」やドリンクスタンド「烏弄」があったりと、高雄ならではの散策も楽しめますよ♪

部屋タイプ&お値段

お部屋は全部で7タイプ。料金はすべて一室料金で、全宿泊者に「老江紅茶」の朝食チケットが提供されます。いずれも宿泊人数の追加はできません。

★ さらに沢山の写真をチェックしたい方は Dear b&b へ

A●「藝術牆」(ダブルルーム)

「藝術牆」のお部屋内観

ダブルベッド1台、約14坪、ソファあり
日〜金:¥11,700、土:¥15,400、年末&春節:¥20,100

B●「當代」(ダブルルーム)

「當代」のお部屋内観

ダブルベッド1台、約14坪、浴槽あり、二人用の洗面台あり
日〜金:¥11,700、土:¥15,400、年末&春節:¥20,100

C●「塗鴉」(ダブルルーム)

「塗鴉」のお部屋内観

ダブルベッド1台、約8坪
日〜金:¥8,800 、土:¥11,700、年末&春節:¥17,300

D●「北歐」(ダブルルーム)

「北歐」のお部屋内観

ダブルベッド1台、約8坪
日〜金:¥8,800 、土:¥11,700、年末&春節:¥17,300

E●「簡約」(ダブルルーム)

「簡約」のお部屋内観

ダブルベッド1台、約8坪
日〜金:¥8,800 、土:¥11,700、年末&春節:¥17,300

F●「Lazy」(4人部屋)

「Lazy」のお部屋内観

約14坪、浴槽あり、ダブルベッド2台
日〜金:¥16,800 、土:¥20,100、年末&春節:¥24,800

G●「Bunk」(1〜4人用)

「Bunk」のお部屋内観

約9坪、浴槽あり、二段式のダブルベッド1台
日〜金:¥10,300 〜 ¥18,200
※宿泊人数によって料金が変わるため、お問い合わせください

その他チェックポイント

  • ・チェックインは15時〜19時
  • ・チェックアウトは11時まで
  • ・チェックイン時間は予約時にお知らせください
  • ・自然環境保全のため、歯ブラシはご自身でご用意ください
  • ・エレベーターはないのでご注意ください

HowtoTaiwanで予約するメリットは?



Dear b&b とは?

Dear b&b は、台湾各地の厳選した民宿を紹介する台湾発のサービスです。 女性の運営メンバーたちが旅行客の視点で「安心・親切・おもてなし」を軸に、施設やオーナー、周辺環境までを細かく評価し、選び抜かれたとっておきの民宿だけを紹介しています。現在はHowtoTaiwanと提携し、日本語での予約・問い合わせに対応しています。

http://dearbnb.com (中国語のみ)

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア