今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台灣指南

一軒家をまるごと貸し切って、暮らすように旅したい。そんな願いを叶える民宿「小屋子C」(宜蘭市區)

2017.12.12

  • 素敵な一軒家を丸ごと貸し切り
  • 中庭付きで緑に癒される
  • ボリューム満点の朝食
  • 徒歩で宜蘭中心部巡りができる

HowtoTaiwanは、台湾で人気の民宿予約サイト「Dear b&b」と提携し、厳選されたこだわりの民宿の予約を受け付けています

地元出身の絵本作家・幾米(ジミー)の世界が広がる宜蘭駅から、てくてく歩くこと約15分。 閑静な街並みに溶け込む一軒の古民家が、1日1組しか泊まることのできないスペシャルな民宿 「小屋子C」です

旅先での新しい出会いもステキだけど、たまには誰にも気を遣うことなく、自由気ままにのんびりと過ごしたい・・。 そんな時には、”泊まる”というよりも”暮らす”感覚で過ごせるこちらがピッタリ。 まるで自分の部屋を借りてそこで生活ををしているような、そんな気分も味わえます。

オーナーの強いこだわりで、定員は2人まで。Wi-Fiもありません。
だからこそ、温もりあふれる贅沢なプライベート空間で、自分自身や大切な人と向き合って、素敵な時間を過ごしてみませんか?

どこか日本風情が漂う古民家を民宿に

多くの人が行き交う宜蘭駅周辺とは打って変わり、お店も人通りもまばらでゆったりとした時間が流れる住宅街。 その一角にありながら、一瞬通り過ぎてしまいそうなくらい風景に溶け込んでいる一軒の建物が「小屋子C」です。

玄関先には緑が生い茂り、思わずその隙間から中の様子を伺いたくなるような、素敵な佇まい。 その外観からは、古いものを大切に守り続けてきた人々の想いも感じられます。

遮るもののない、ひとつなぎの癒し空間

ドキドキしながら扉を開けると、想像どおり温かみのある空間が広がっていました。 間に仕切りがないため、リビングから寝室、奥の中庭まで全てがいっぺんに視界に飛び込んできて、 思わず感嘆のため息がこぼれてしまいます。

リビングスペースには、落ち着いた色合いで揃えられたソファやテーブル、本棚などが並びます。 また窓際には木のカウンターがついていて、カフェ気分でお茶をするにもちょうど良いスペースになっていました。 よく見ると台湾の本だけでなく、日本の雑誌も置いてありましたよ!

広々としたキッチンだって独り占め♪

リビングにはおしゃれなカウンターキッチンがついていますが、もちろん貸し切りなので自由に使い放題! 冷蔵庫も広々使えるので、大きめのペットボトルも気兼ねなく入れられます。

調理器具も一通りそろっていて、台湾では一家に一台以上あると言われている「大同電鍋」もしっかり完備◎ 食材を集めて料理をするのも楽しいですし、 外で買ってきたものを温め直したり、日本から持ってきたインスタント食品を調理するにも便利です。

ちなみにたっぷりの食事でおもてなしする文化がある宜蘭。 私が泊まった時には、1人だったにもかかわらず、なんと食パン一斤がどーんと置いてありました・・!(笑) 他にもバナナに牛乳、ヨーグルトなどなど。 もちろん朝食だけでは食べきれず、何食かに分けていただきましたが、パンはふわふわで甘くて美味しかったです♪

緑あふれる中庭を眺めながら、ほっと一息

こちらのこだわりは、何といっても中庭が見えるガラス張りのお風呂! もちろん塀で囲まれていて外からは見えないので、ご安心を(気になる方はロールカーテンを閉めることができます)。 バスタブに浸かりながらぼんやり外を眺めていると、日頃の疲れもすっと消えていってしまいます。

シャンプーやボディーソープ、ドライヤーはありますが、歯ブラシやタオル類は環境保護の観点から置いていないため、必ず持参してくださいね。 また壁が薄いため、近隣の迷惑にならないよう、夜は静かに過ごすようにしましょう(遅い時間の入浴もNGです!)。

寝室スペースには敷布団が2つ並んでいます。 ベッドではないので、歩き疲れて戻ってきた後、横たわってちょっぴり休憩するのに最適! また誰かと一緒なら、なんとなく修学旅行気分で話も弾みそうです。 コンセントがちゃんと両サイドにあるのも、さりげない心遣いで素晴らしい!

アクセス&周辺環境

宜蘭駅から徒歩15分。タクシーでは約7分(120元程度)。
閑静な住宅街にありますが、民宿周辺にはコンビニもあったりと便利。また宜蘭で人気の古本屋さん「Stay旅人書店」や、古い建物をリノベーションしたカフェ「合盛太平珈琲」や、人気の豆花店「原來豆花」もご近所にあります。すべて徒歩で回れるので散策にもおすすめです。

部屋タイプ&お値段

こちらの民宿は、一棟貸切プランのみです。宿泊人数は2名だけと限りがありますが、お子様連れの場合は一部屋につき、一人の追加はOK(ベッドや布団の追加はありません)。詳しくはお問い合わせください。

★ さらに沢山の写真をチェックしたい方は Dear b&b へ

A●一棟貸切


朝ごはん付き/リビングと寝室は別/シングルサイズの敷布団2組
日〜金曜日:15,000円 、 土曜日・クリスマスや春節:17,800円

その他チェックポイント

・チェックインは16時〜21時
・チェックアウトは12時まで
・環境保全のため、歯ブラシやタオルなどの用意はありません
・Wifi設備はありません
・人数の追加はできませんが、お子さん連れの場合はお問い合わせください


HowtoTaiwanで予約するメリットは?



Dear b&b とは?

Dear b&b は、台湾各地の厳選した民宿を紹介する台湾発のサービスです。 女性の運営メンバーたちが旅行客の視点で「安心・親切・おもてなし」を軸に、施設やオーナー、周辺環境までを細かく評価し、選び抜かれたとっておきの民宿だけを紹介しています。現在はHowtoTaiwanと提携し、日本語での予約・問い合わせに対応しています。

http://dearbnb.com (中国語のみ)

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア