今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台灣指南

高雄・獅甲駅を街歩き。人気スポットが続々!工場のリノベ施設やポップなコンテナまで

2017.10.31

台湾の第二の都市として注目を集める高雄。昔の面影が残るこの街に、今続々とオシャレなスポットが登場しているのをご存知ですか?今回は「もう定番スポットは行き尽くしたよ〜!」という方向けに、獅甲駅周辺で街歩きにぴったりなスポットを3つご紹介します♪

こんにちは!ゲストキュレーターの智恵です。
最近は日本からの直行便も増えた台湾南部の街、高雄(ガオション/gāoxióng)。「たかお」と読むとより親しみを感じるこの街ですが、HowtoTaiwanでは過去にもこんな記事を公開していました。

台北の次は歴史と浪漫の残る港町へ。台湾第二の都市”高雄” 入門編♪

東京や大阪、札幌、熊本、那覇など…最近は日本の各地から高雄空港行きのLCCが増便中!また台北からも新幹線で2時間ほどでアクセスすることができたり、高雄市内はKRT(高雄捷運のこと。台北ではMRTという名称でおなじみ)も通っていたり、とっても遊びやすい!と人気を集めているのです。

そんなわけで今回は、すでに定番のスポットは行き尽くしたよ〜!という方向けに、高雄出身のツレの帰省に合わせて、かれこれ10年ほど高雄に通いつめている私が、新しい高雄の魅力を発見できる!街歩きスポットをご紹介したいと思います。

カラフルなコンテナが楽しい!「集盒.KUBIC」

まずご紹介したいのは、MRT/KRT紅線の「獅甲(スージャー/shījiǎ)」駅にあるおすすめスポット。

獅甲駅から徒歩2分ほどの距離にある「勞工公園(ラオゴンゴンユェン/láogōng gōngyuán)」は、月曜の夜に開かれる「勞工夜市」以外の日は至って閑静な憩いの場です。 近所の方やお勤め帰りの人が夕方の涼しい時間に散歩したり、運動したりするのにちょうどいいサイズ。 駅のそばに大きな公立学校が多いので学生さんの登下校時には地下鉄は賑わいます。

さて、そんな静かな公園の線路を挟んで反対側(海側)に、2017年春にできたばかりのリノベーションスポット「集盒.KUBIC」があるのをご存知でしょうか?

こちらの施設、高雄の港は海運が盛んで大きな貨物船が入港することもあり、その船に積まれていたコンテナを再利用して造られているんです!カラフルに色付けされたコンテナが広い公園にごろごろと並ぶ姿、見ているだけでも可愛いですよね。

ちなみにこの「KUBIC」という名前の意味を公式ページから引用すると、

・K Kaohsiung 高雄
・U Urban 城市
・B Boxes(Build) 盒箱(建造)
・I Innnovation 創新
・C Creative クリエイティブ

だそう。こちらのコンテナの中には沢山のブースが出店しており、飲食、衣料、雑貨、家具、サービスと多岐にわたっています。 週末の夜には音楽ライブも開催されるので、少し涼しくなった夜にぶらりお散歩するのもお勧め。

カラフルなディスプレイや個性的な店内は見ているだけでも楽しいけれど、一緒に撮影してみるのも楽しい! ポップでアートな空間は、高雄の女の子たちにも大人気なフォトスポットとなっています。

嵐 🌺さん(@lan__1225)がシェアした投稿

ポップでカラフルな施設は、お散歩しているだけで元気がもらえそうです♪
家族連れも多いので、お子さま連れのお散歩にもおすすめですよ〜!

■施設情報:集盒.KUBIC

高雄市建隆里第8鄰復興三路5號(獅甲駅から徒歩約7分)
電話:07-334-7310
営業時間:月・水・木・金 は10:00〜18:00(火曜日はお休み)、土・日は10時〜20時
URL:https://www.kubic.com.tw/

アルミ工場跡がシックで豪華なモールに変身!MLD台鋁生活商場

続いてご紹介するのは、同じく獅甲駅より徒歩7分ほどの場所にある「 MLD 台鋁生活商場(タイリュ シェンフォ シャンチャン/táilǚ shēnghuó shāngchǎng)」。なんとこちらは日本統治時代のアルミニウム工場をリノベーションしているスポットで、2015年冬に開業しました。

ここは本当に台湾!?と思ってしまうくらいにオシャレなスポットなのですが、想像よりも建物が大きくてびっくり!初めて行った時は「入口がどこかわからない〜」と迷ってしまうほどでしたが、1階の台鋁廊道沿いにあるフードコート(MLD Fresh/美食街)からの美味しい匂いに引き寄せられて無事に建物内に入ることができました(苦笑)。

台湾でおしゃれなショッピングモールとしては「誠品書店」などがおなじみですが、こちらの「MLD 台鋁」も負けてない…!大きな施設にずらりと並ぶハイセンスなお店は、まるで映画の中で観たNYのチェルシーマーケットのよう。

広々とした書籍販売スペースの「MLD Reading」には、センスと品質のよい雑貨や文具があり、ベンチが各所に設けられているので写真集や画集などを眺めてのんびり過ごすことができます。

ショッピングはもちろんですが、施設内の映画館である「MLD Cinema」で映画を見たり、こちらのフードコートの名物でもある蟹を食べるのもお勧め。

大人気のリノベーションスポット。高雄へ来たら、是非遊びに来てみてくださいね!

■施設情報:MLD 台鋁生活商場

高雄市前鎮區忠勤路8號(獅甲駅から徒歩約7分)
電話:07-536-5388
営業時間:10:00〜22:00(各店舗によるので詳細はサイトをチェック)
URL:http://mld.com.tw/

高雄に来たらぜひ買ってみて!呷百二の鳳梨酥

最後にご紹介するのは、高雄のお土産に是非!ゲットしていただきたい「呷百二自然洋果子」の鳳梨酥(パイナップルケーキ)。こちらは獅甲駅から1つ離れた「三多商圈」駅にあるお店です。

台湾土産の定番である鳳梨酥といえば、台北でも有名店のものが沢山購入できますが、私がこの店で買っていただきたい理由は3つ!

・パイナップル餡が濃厚で美味しい!(高雄大樹産のパイナップルを使用)
・駅からアクセスしやすい!(漢神百貨巨蛋店の地下1階にも支店あり)
・高雄でしか買えない(ここポイントです)

高雄でも、かの有名なSunny Hillsのパイナップルケーキが海辺の駁二藝術特區のお店で味わえるようになりました!(バンザイ)しかし、地元密着型でここでしか食べられない“呷百二”のお菓子もぜひ味わってほしいです。厳選された高雄産の果物を使用しているので、フルーツの味わいもとっても新鮮。甘さ控えめ、でもねっとりとした餡はお茶に合うこと請け合いです。

店名にある “呷百(じゃっぱぁ)” とは、台湾語で「おなかいっぱい」の意味。台湾語を話したり聞いたりする機会が台北よりも多い南部・高雄ならではのネーミングにも心惹かれます。高雄市内に6店舗を構えるこちらのお店、是非チェックしてみてくださいね!

店舗情報:呷百二自然洋果子(三多店)

高雄市苓雅區三多三路264號(KRT紅線:三多商圈駅5號出口出てすぐ)
電話:07-535-2120
営業時間:9:30~21:30
URL:http://www.eat120.com.tw/index.html

獅甲の街歩きスポット3選・まとめ

以上、いかがでしたか?
今回おすすめした3つのスポットを散策するとおよそ2kmの距離。高雄は年中お天気も暖かく安定しているので、お子さま連れの台湾旅にもおすすめです。今回実際に街歩きしてみたら、新しくて便利な景色の中にも、ほっこり懐かしさの漂う不思議な感覚が残りました。

地下鉄とライトレールに挟まれて市の中心部からもアクセスしやすいこの地区はまだまだ開発途上、これからも話題のスポットが出現しそうで楽しみですね!

定番観光地に行き尽くした皆さん、ぜひこちらのエリアも散策してみてくださいね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

台湾の最新情報をお届けします♪

RELATED ARTICLE

関連する記事

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア