今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台灣指南

古き良き九份を感じる、古民家をリフォームしたレトロな民宿「山居-夾腳拖的家」(新北・九份)

2017.3.1

  • 古民家をリフォームしたレトロな造り
  • 限定3室の静かな民宿
  • 九份老街から徒歩10分
  • 無料で参加できるナイトウォークあり
  • 自家製パンの朝ごはん付き

HowtoTaiwanは、台湾で人気の民宿予約サイト「Dear b&b」と提携し、厳選されたこだわりの民宿の予約を受け付けています

日本人にとって最も馴染みのある台湾の観光地・九份。観光街でもある九份老街にほど近い場所にあるのが、古い家屋を改装して作られた民宿 「山居-夾腳拖的家」です。

都会の喧騒から逃れて、ゆったりとした時間を過ごすのにぴったりのレトロで温かい雰囲気の民宿は、九份の古き良き街並みに溶け込んでいます。九份老街からも歩いて10分程と、立地も便利。

九份へは台北から日帰りで!という方も多いと思いますが、最終バスや電車の時間を気にせずに夜景やグルメ・お茶などを堪能し、そのままこちらに宿泊して、翌日は朝の絶景を満喫する!という、新しい九份の楽しみ方も同時に叶えてくれる、素敵な民宿をご紹介します。

九份老街から歩いて10分、見えてくるのは古民家風の外観

古い町並みを抜けて海の見える道を3分ほど歩くと、思わず「ただいま」と言ってしまいそうな温かい雰囲気の外観が目に入ります。

九份は観光地としてのイメージが強く、泊まるには騒がしいのでは?と思われがちですが、こちらの「山居-夾腳拖的家」は中心部から少し距離がある上、老街自体も夜21時過ぎにはほとんどのお店が閉店して観光客も少なくなるので、夜はとても静かに過ごすことができるんです。

朝の雰囲気はこんな感じ。こちらの民宿にも、チェックイン時に渡される鍵をかざさないと入れないようになっているので、セキュリティ面も安心です。

茶色×黄色の織り成す、温かみのある空間

一歩中へ入ると共有スペースが。木製の家具と黄色の壁が優しい雰囲気を作り出すこのスペースは、他の宿泊客やとってもフレンドリーなスタッフたちと団欒できる空間となっています。
また冷蔵庫、飲料水、電子レンジなどは自由に使ってOK。朝ごはんもこちらでいただけますよ♪

鮮やかな客家花布柄のクッションが、レトロな雰囲気に華やかさを添えます。

少し奥へ進むと、金鉱の街として栄えた九份の歴史を感じさせるようなこだわりのディスプレイも。かつての九份の雰囲気を残す工夫が、あちこちに散りばめられています。

全3室のレトロな部屋は、シンプルながら落ち着くデザイン

こちらの「山居-夾腳拖的家」は部屋数が全部で3部屋と規模が小さめですが、3部屋すべて異なるデザインとなっています。

今回宿泊したのは、基隆山と海が見渡せる大きなベランダの付いた、ダブルベッドが一台の2人部屋。

この広いベランダ付きのお部屋は一日一組限定!
観光地にも関わらず、日本円で8000~9000円程度と、とってもリーズナブルに宿泊できるのが魅力です。

昼・夜はもちろん、朝の景色がとにかく綺麗! 共有スペースで紅茶やコーヒーなどを自由に入れることができるので、このベランダに持ってきてまったり飲むのもまた幸せな過ごし方。

1階の共有スペースと同じく、温かみのある黄色の壁紙と木製家具で統一感のあるデザインが素敵な空間。お部屋の中もレトロな可愛さで溢れています。

通常、ベッドルームと専用のバスルームは扉などで仕切られていることが多いのですが、こちらのお部屋はかなり開放的なつくり。仕切りのドアなどはなく、写真のように、ベッドルーム、バスルーム(洗面台・トイレ・シャワー)が一体式となっているのでご注意くださいね。

また、備え付けのシャンプー・ボディーソープ・ハンドソープ以外には、アメニティなどは特に用意されていません。歯ブラシやバスタオルなど必要なものは自分で用意しておく必要があるので、忘れずに!

スタッフ手作りの自家製パンで、ゆったりした朝を過ごそう

こちらの民宿は、宿泊者には全員朝食が用意されます。スタッフが毎日手作りしているというこだわりの自家製パンと、卵料理の軽めのモーニングが無料で付いています。自家製パンはふかふかでもちもち!優しい甘さが美味しく、食べ応えもありました。

コーヒーや紅茶は無料で提供していて、おかわりも自由。朝食のスタート時間は10時とやや遅めですが、ゆったりとした朝の時間を過ごすにはぴったりです♪

朝早くから活動したい!という方は、一度朝の散歩などに出かけて、朝食の時間帯にまた民宿へ戻ってきても良いですね。

民宿スタッフと一緒に、九份ナイトウォークに出かけよう!

ちなみにこちらの民宿では、夜になって観光客の少なくなった九份の街にスタッフがガイドとなって連れて行ってくれるナイトウォークがあります。

こちらは、毎日20時より開催(参加無料)。1階の共有スペースに集合したら、ナイトウォークを希望した宿泊客とスタッフが、一緒に民宿周辺と九份老街を散策します。

入り口が洞窟になっているレストラン「芋仔蕃薯」をはじめ、駄菓子屋さん、日本統治時代に使われていた金鉱の入口である「五番坑」などの様々なスポットに案内してもらえたり、金鉱の街として栄えた九份の歴史について解説があったりと、九份の街により深く触れることができるので、オススメです。

アクセス/周辺の交通について

・台北市内からアクセスする場合
MRT板南線(青の線)またはMRT木柵線(茶色の線)に乗って「忠孝復興」まで行き、1062系統のバスに乗り換えて九份まで。九份のバス停からは、九份老街を通って徒歩12分程度です。

「忠孝復興(台北)」と九份を結ぶ1062系統バスの時刻表はこちら
平日は「平常日」、土・日・祝日は「星期例暇日」の時刻を見てくださいね。

・九份からアクセスする場合
九份老街(たくさんのお店が立ち並ぶ、九份の中心エリア)からは徒歩10分圏内。映画「千と千尋の神隠し」の舞台にもなったことで有名な「阿妹茶樓」からは、徒歩6分程度です。

台北と九份間を運行するバスの停留所からは、タクシーで5分程度です。
九份は全体的に、タクシーが多く捕まえやすいので、荷物があるときにはタクシーを利用するのもオススメ。

コンビニは、民宿から徒歩3分以内に一軒ありますが、規模が非常に小さい(取り扱い商品は、水・茶などの飲み物数種類、台湾ビール、スナック菓子やカップ麺などのみ)ため、老街の入り口近くにあるセブンイレブンなどのコンビニで買い物を済ませておくようにしましょう。

部屋タイプ&お値段

部屋は3タイプ、全部で3部屋です。価格は一室分(宿泊者全員)の合計金額です。
★ さらに沢山の写真をチェックしたい方は Dear b&b へ

●雙人套房(ベランダ付き/2人部屋):

ダブルサイズベッド1台、専用バスルーム、デスク、冷暖房、ベランダあり
日~木:9,200円、金土祝:10,400円/部屋

●雙人雅房 (バスルーム共用/2人部屋):

デスク、冷暖房あり、共有バスルーム
日~木:7,500円、金土祝:2100元(約8,700円)/部屋

●五人房(バックパッカーズホテル形式の5人部屋):

5人部屋(共用)、冷暖房あり、共有バスルーム
曜日を問わず、2,900円/人

雙人雅房・五人房の宿泊客が利用できるバスタブ付きの共有バスルームは、こんなかんじ。

*いずれも朝食付き

その他チェックポイント


・チェックインは15:00~21:30
・チェックアウトは11:00まで
・チェックイン前/後も荷物預かり可
・朝食時間は10:00~10:30。但し、10時前に宿を出たい場合は、事前に知らせればお弁当として用意
・フロントサポートは9:30~21:30まで
・シャンプー・ボディーソープ・ハンドソープあり
・ドライヤーあり
・歯ブラシ・バスタオルの提供はなし(環境保護のため)
・共有キッチンあり。洗濯機も22時まで使用可能
・テレビなし
・ペット不可
・英語可、日本語は一部スタッフのみ可



HowtoTaiwanで予約するメリットは?



Dear b&b とは?

Dear b&b は、台湾各地の厳選した民宿を紹介する台湾発のサービスです。 女性の運営メンバーたちが旅行客の視点で「安心・親切・おもてなし」を軸に、施設やオーナー、周辺環境までを細かく評価し、選び抜かれたとっておきの民宿だけを紹介しています。現在はHowtoTaiwanと提携し、日本語での予約・問い合わせに対応しています。

http://dearbnb.com (中国語のみ)

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア