今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

台灣指南

最高のホスピタリティーで居心地バツグン♡台北駅徒歩圏内の「WeCome Hostel」に泊まってみた

2016.12.18

ホステル=バックパッカーや一人旅向けのもの、と思っている方も少なくないのでは?実は私がその一人でした。今回初めて、台北・迪化街近くにある「WeCome Hostel」に泊まってみました。その魅力をホステル初心者視点でたっぷりとご紹介します!

こんにちは!キュレーターのROMYです。

実は私、これまで何十回と台湾に行っていますが、いつもホテル泊がメインでホステルには泊まったことがありませんでした。 日本のホテルよりも安くキレイなところに泊まれるし、大抵誰かと一緒なので (こんなに頻繁に行っていても、毎回誰かしら付き合ってくれるという・・ありがたや。笑) 単純にホステルという選択肢が頭になかったんですよね。

でも、どんなところか気になっていたのも事実。そこで今回、 私に引きずりこまれてヘビーリピーターになった台湾好きの友人と一緒に、 台北・迪化街近くにあるホステル「WeCome Hostel -北門臥客青年旅舎-」に泊まってみました。

台北駅から地下街を歩いて行ける!

台北はそんなに大きくない都市なので、移動もそこまで大変ではありませんが、やはり泊まる場所は立地が良いのに越したことはないですよね。 「WeCome Hostel」は、人気観光スポットのひとつ・迪化街の近くにあって、最寄りはMRT松山新店線・北門駅ですが、なんと台北駅からも歩けちゃいます! 台北駅って中山駅・雙連駅・北門駅まで地下街でつながっているので、本当に便利なんですよね。 実際に私は台北駅から地下街を通って向かったのですが、屋根もあるしガタガタ段差だらけの道路を歩かなくて済むので、 スーツケースを引いていても楽チンでした!おまけに夏は涼しいし、途中には何か所かトイレもあって安心。 北門駅2番出口から徒歩8分、台北駅からは徒歩15分(地下街を通る場合は出口Y21かY23)です。

f87f29_94eee932bd8a492698558d5b85b710a2

なにここ住みたい!北欧テイストのオシャレ空間

台湾ではありがちな、パッと見は年季の入ったビル(いつも本当に中は大丈夫なんだろうか、と若干不安になる笑)。 でもエレベーターを降りて一歩中へ入ると、そこにはオシャレで女子ゴコロをくすぐる素敵な空間が広がっていました・・!

共有スペースはこんな感じ。なにここ住みたい(笑)。

壁際にはデスクとコンセントがあるので、PC作業もできて良いですね。 また、8人掛けの広々としたダイニングテーブルもあり、朝食はもちろん、 夜市で買ってきたゴハンをゆったりと堪能する、なんてこともできます。 ホステルからすぐ近くの寧夏夜市には美味しいものがたくさんありますが、 わりと狭くて席がないお店も多いので、私たちは雞肉飯や鹽酥雞なんかを買い込んで、 荷物も気にすることなくこのキレイなダイニングで台湾グルメを満喫することができました。これは嬉しい!

ちなみにここではコーヒーやお茶をいつでもフリーで飲めるほか、 有料ミニバーとして台湾ビールやカップラーメンなども常備しています。 冷水・常温水・お湯が出るウォーターサーバー、電子レンジにトースター、 はたまた大同電鍋まであって、至れり尽くせり!なにここ住みたい(2回目・笑)。

*迪化街で買った油飯を大同電鍋で温めなおして、みんなで食べました◎

友達同士の貸し切りもOK、快適なベッドルーム

ホステルで一番気になっていたのは、共用となるベッドルームとシャワールーム。 私は神経質とは無縁の性格なので、大抵のところでは生きていける自信がありますが、 それでもやっぱり知らない人と同じ部屋で寝たり、同じシャワールームを使うというのは どんな感じなのかちょっぴり気になるもの・・。

ということで、まずはベッドルームをチェック。 今回は女性専用の8人ドミトリールームをチョイスしましたが、 2段ベッド4台と鍵付きロッカー、奥にハンガー掛けがありました。 共用スペース同様シンプルながらおしゃれで清潔、 通路はスーツケースを広げられるくらいの幅はあります。 ロッカーにはスーツケースは入らないので、 貴重品のみしまって、あとはスーツケースの鍵をかけておく感じです。

ちなみにベッドはカーテンでぐるっと囲むことができて、 閉めてしまえば部屋の明かりは入ってこないので、 しっかりとプライベート空間が保たれていてぐっすり眠ることができました。

*カーテンを閉めるとこんな感じ。サイドに棚とコンセント、可動式ライトがあります。

ここなら相部屋でも全然良いなと思いつつ、ダブルルームもあるのでご紹介。

こちらも落ち着いた雰囲気でステキですが、写真のとおりドアを開けるとすぐベッドがあり、 機内持ち込みサイズのスーツケースを1つ広げるのでいっぱいいっぱいかも・・。 荷物が多い方は注意です!

お部屋は全5タイプ。カッコ内は部屋数です。

①ダブルルーム(2)
②男女4人相部屋(3)
③男女6人相部屋(2)
④男女8人相部屋(1)
⑤女性専用8人部屋(1)

料金は宿泊日によって若干の変動があるようなので、 公式HPの予約フォームでいくらかチェックしてくださいね (高くても1泊3,000円しないくらいです)。 ちなみに男女4人相部屋ですが、4人貸し切りで押さえると少しお得になるみたいですよ~!

独立した個室シャワールーム、水回りも清潔で安心

続いてシャワールームもチェック。 ホステル全体が「ロの字」型でぐるっとつながっている構造なのですが、 シャワールームは2か所に設けられていて、全部で5つあります。 嬉しいことに、全て独立した個室になっているため、隣の人が気になることもありません。

中には洗面台と鏡、ハンドソープ・ボディーソープ・シャンプーがありました。 掃除が行き届いていて清潔!気になるシャワーの水圧も十分です。 ただし、脱衣スペースも一緒になっていて、 大きなカゴに洋服などを入れて個室の中に置いておくのですが、 特に棚などはないためシャワーのお湯がかからないかだけ、ちょっと気を遣いました。

シャワールームの近くには、広い洗面台が2つと、ドライヤー用の台が別にあります。

これらが一か所にあるとものすごく混み合う可能性がありますが、 シャワーを浴びる人、歯磨きや顔を洗う人、ドライヤーをする人が それぞれ別の場所に散るので、これまた快適に過ごせて高ポイント! 髪が長いと乾かすのに時間もかかるし、待っている人がいると気まずい感じになりそうですが、 ドライヤーは4機あるし、イスに座りながら気楽にできてとても良かったです。 コットンや綿棒も置いてありましたよ。

それからトイレも広くてキレイでした~!こちらもシャワールームと同じく、全部で5つあります。

朝食も無料、その他サービスまとめ

長期滞在には欠かせない、ランドリールームもあります。 1回30元で、洗剤やハンガーは備え付けのものを使用できるみたいです。

また、タオル類などの有料販売、貸出しも行っています。 写真は販売料金ですが、レンタルの場合はフェイスタオルが無料、 バスタオルは30元(+デポジット120元)です。 私は今回LCC利用で重量制限があったため、少しでも手荷物を軽くすることができて良かったです。

*無料提供のところ、よく見るとチャーミングでくすっとしちゃいます。

朝食は朝8:30~10:00まで。トーストとウインナー、スクランブルエッグ、ハッシュドポテトでした。 パっと簡単に済ませたい方には有難いですが、ホステル周辺には美味しい朝食屋さんも色々あるので、 個人的には外に食べに行っていただきたいなぁと思います。スタッフに尋ねると、親切に色々オススメ教えてくれますよ! (ホステルを出て右に進んでいくと、すぐ角に「JSP」というチェーン店がありますが、ここでも定番の朝ごはんメニューが食べられます)

WeCome Hostel最大の魅力

さて、ここまでホステルの設備やサービスについてご紹介してきましたが、 これだけでも十分に自信をもってオススメできるレベルではあります。 でも、私が思うWeCome Hostel最大の魅力とは・・ズバリ!スタッフみんなの温かさ! 料金表の無料提供のところに「親切な笑顔とサービス」とありますが、本当にそうなんです! 今回3日間滞在して色々なスタッフに会いましたが、みんながみんな同じようにニコニコしていて、 フレンドリーで、とっても親切!だからこそ、自分の家のようにリラックスできて、 居心地バツグンなんだな~としみじみ感じました。 部屋数もそんなに多くなく、ワンフロアしかないので、細かい気配りが行き届いています。 1年以上の長期滞在の方が何人かいたことにも納得◎

せっかくなので、そんなステキなWeCome Hostelを支える方々をご紹介!
(写真は忘年会の準備をしているところです。楽しそう・・!)

【中央】ちょっぴり人見知りですが、笑った顔がとてもチャーミングな社長。 ヒマさえあればお気に入りのキャラメルをお客さんに配り歩く、おちゃめな一面も(笑)。

【左】見た目もハートも熱く濃ゆいマネージャーのエレン。ぜひ台湾についてもっと知ってほしいと、 最近おしゃれスポットとしても注目を集める迪化街周辺を案内&解説してくれました。 (迪化街散策については、またいつか別で記事にできたらと思います)

【右】さらにWeCome Hostelには、なんと日本語サポートスタッフもいるんです! それが、日本人男性の杉本さん。 杉本さんは外でもお仕事をされていますが、このホステルに長期滞在されているので、 何か困ったことがあればいつでも力になってくれる心強い存在です。 メールでの問い合わせにも、杉本さんが日本語で返してくださるので、 英語も中国語も得意じゃない・・という方もご安心ください!

HPも日本語対応していますが、twitterとinstagramでも 日本語版の公式アカウントができたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

●HP ☞ http://www.wecomehostel.com
●twitter ☞ Wecomehostel
●instagram ☞ wecomehostel_beimen
●facebook ☞ https://www.facebook.com/wecomehostel/
※中国語のみ

うれしい‟HowtoTaiwanスペシャル特典”!

最後にお得な情報です!愛すべきHowtoTaiwan読者の方々に、日ごろの感謝を込めて少しでも何か還元できないものかと思い、 厚かましくも特典をいただけないかお願いしてみたところ・・マネージャーのエレンより快くOKいただきました! 太感動了~!!(涙)

この記事をご覧になって、WeCome Hostelに宿泊された方は・・ なんと!宿泊料金が10%オフになります! わ~パチパチパチ!方法は以下のとおりなので、お間違いなく。

【スペシャル特典を受ける方法】
1.公式HPの「オンライン予約」メニューをクリック
2.国旗のアイコンをクリックし、言語を選択
3.到着日と泊数を選択
4.宿泊プランと人数を選択
5.宿泊者の情報
※ここで、以下のように名前の後に(HT)と記入
6.クレジットカード情報 ⇒ 完了!

たったこれだけ!超簡単!なので、 ぜひぜひ皆さんお得に泊まってくださいね~! (スタッフや杉本さんに、「HowtoTaiwan見たよ」と一声掛けていただけると、 わたくし泣いて喜びます)

まとめ

今回が記念すべきホステルデビューとなりましたが、 私も友人も大大大満足でした♡ 漠然と不安に感じていた安全性や衛生面など、一切問題ナシ! むしろホテルよりも自由に使える設備は整っているし、人の温かさを感じられたし、 最終日には帰りたくない気持ちでいっぱいでした・・(涙)

実はここ、現在同じ建物内で増築中で、2017年2月頃に部屋数が増える予定です! 泊まれるチャンスが増えるなんて嬉しいですね。 その時には、ぜひまた潜入レポート第2弾をお届けできればと思います♪

*共用スペースの壁にズラっと並んだ宿泊者からのメッセージ。ありがとう、また来るね、がたくさん!

今までホステル=バックパッカーが泊まるところ、と思っていましたが、 実際に泊まってみて、友人との女子旅にも最適だということに気づきました! 一番のメリットは、シャワールームやドライヤーなどいくつかあるので、 どっちが先にお風呂に入るかとか、洗面所占領しちゃって悪いなとか、そういう気遣いをしなくて済む気楽さ。 仲の良い友人同士でも、生活スタイルやペースは人それぞれなので、意外と気になったりしちゃうんですよね~。 もちろん一人旅にも、WeCome Hostelなら安心してオススメできます! 皆さんの台北旅の良き拠点、もとい、第二の実家となること間違いなしですよ~!

WeCome Hostel -北門臥客青年旅舎- 台北市大同區甘谷街26號2樓 [地図(Google Map)で見る]
    • TEL:
    • +886-2-2555-7177
    • フロント営業時間:
    • 8:00~23:00
    • チェックイン時間:
    • 16:00~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

台湾の最新情報をお届けします♪

RELATED ARTICLE

関連する記事

Howto Taiwanでは、
台湾が大好きなキュレーターを募集しています!

詳しくはこちら

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア