台灣指南

今よりもっと台湾が好きになるハウツーメディア

食べる

次はどれに挑戦する?台湾女子が愛してやまない!美容効果も抜群の台湾伝統スイーツ&トッピングを総まとめ

こんにちは。キュレーターのれいちぇるです。
皆さん、台湾で街を歩いていて何か気づいたことはありませんか?そう、それは“台湾の女の子って肌がきれい!”ということ。台湾は一年の半分以上が夏で紫外線も強いにも関わらず、台湾女子って美肌率が高いんですよね。友達をみていても特に高級美容液を使ったりエステに通ってるわけじゃない。そこで私なりに観察していた結果、どうも“台湾の食”にその秘訣がありそうなのです!

今回はそのうちの一つ、“台湾伝統スイーツ”をご紹介したいと思います。
女子はスイーツが大好き♡というのは万国共通! …が!台湾女子が普段から好んで食べているスイーツは、日本とは違ってとってもヘルシー、かつ、美容にいいものばかりだと判明!というわけで、今回は台湾のナチュラル美人の秘訣!?伝統スイーツを、総まとめでご紹介します。

次に台湾行ったらどれにチャレンジする?と妄想を膨らませながら読んでくださいね♪

台湾に来たらまずはこれ。仙草&豆花の黄金コンビ


◯豆花(dòu huā/どぅほぁ) 


y007687000001_2_1

豆花とは、豆乳を凝固したもので、分かりやすくいうと“豆腐プリン”のようなもの。ほのかに大豆の香りがして、キメが細かくツルツル滑らか。暑い夏には冷たい豆花(冰bīng豆花)を、寒い冬には温かい豆花(熱rè豆花)と、台湾では一年中楽しめる定番スイーツです。真夏にはひんやり美味しい爽やかな甘さ、真冬には寒い中でほっこりあたたまる甘さがあり、年中ハマってしまう優しい味わい。

 

豆花自体には、大豆からできた黄豆豆花(通常の豆花)と、黒豆からできた黒豆豆花があります。台湾では、黒いものの方が健康に良いという考えから、黒豆豆花も結構人気があるんですよ。

y007687000001_4_1

また、豆花は甘いシロップ(糖水táng shuǐ)をかけるか、豆乳(豆漿dòu jiāng)をかけていただきます。個人的には、“豆漿×豆花”がいちおしです!豆豆しすぎじゃない?と思われるかもしれませんが、それが全然そんなことないんです!1杯で大豆イソフラボンもたっぷり摂れちゃいます♪

豆花は、トッピングとして小豆や芋圓(お芋で作ったおもち)、タピオカなどを一緒に食べることが多いので、初めての方は「綜合(zōng hé)」と表記のあるメニューを選ぶのがおすすめですよ〜!


◯仙草(xiān cǎo/しぇんつぁお)


続いては、仙草(しえんつぁお)。日本人には聞きなれない名前ですが、仙草は植物の名前。この葉・茎を煮詰めると黒いとろっとした液体となり、それを冷やし固めると写真のような黒いゼリー状のものになります。

名前に草とあるので漢方系の味がするんじゃない?と躊躇される方もいるかもしれませんが、ゼリー自体にはあまり味はなく、甘いシロップや牛乳、トッピングとともにいただきます。少しだけ渋い香りがするので、初めて食べた人はコーヒーゼリーのような感覚を覚えるかも。

通常のスイーツなどはホット&コールドを「熱/冰(rè/bīng)」で選びますが、仙草の場合は「燒/嫩(shāo/nèn)」で選ぶので要注意。冬は温かいもの(燒仙草:shāo xiān cǎo)、夏は冷たいもの(嫩仙草:nèn xiān cǎo)が主流です。仙草には「暑気払い」の効果があるのが有名で、あつ~い台湾の夏にはぴったりのスイーツです。

※「暑気払い」の効果のことを、中国語では“消暑(xiao shu)”といいます。暑い南国の台湾では、こうした消暑効果のある食べ物が沢山あるんです。これも昔からの知恵ですね。

真夏に食べたい!台湾式かき氷に爽やかオーギョーチ


◯八寶冰(bā bǎo bīng/ばーばおびん)


台湾といえば、マンゴーかき氷や雪花冰(練乳ミルク味の氷を削ったもの)をイメージする方がほとんどだと思いますが、現地の台湾人にとって「かき氷」といえば通常はこれ。

八寶冰」は昔ながらの台湾のカキ氷の一種で、「八宝」の名前のとおり8種類のお宝(トッピング)を贅沢に載せたカキ氷のことなんです。小豆や甘く煮たピーナッツなど、代表的なトッピングはどれも体によいものばかりで、なんだかまるで和菓子みたい。

熱い夏に食べると、氷がだんだん溶けてきて、ひんやり冷たいおしるこのような味わいに。これは間違いなく日本人好み!なんだか懐かしい気持ちになれます。

◯愛玉(愛玉子)(ài yù/あいゆぅ)


tw3681

日本や香港では「オーギョーチ」とも呼ばれるこのゼリー、愛玉子(クワ科イチジク属)という植物の果実を水の中で揉みだして作られます。このキラキラゼリーは夏の夜市の風物詩!そのままレモンシロップをかけて食べたり、ドリンクスタンドで飲むゼリーのようにしても売られています。

ツルンとした喉越しも、レモンの爽やかさも最高!こちらも「暑気払い」の効能があるので、暑い夏に摂るのがぴったりです。

l1170042

ちなみに、愛玉子の果実は迪化街の干物屋等で売られてたりするので、自分で作ってみても面白いかも。

◯緑豆湯(lǜ dòu tāng/りゅぅどうたん)


そしてこちらは、台湾人には大人気の「緑豆湯」。甘く煮た緑豆で作られたスープなのですが、緑豆には「暑気払い」の効果があるため、通常は夏に食べるのがよいとされています。なので、冷たい緑豆スープが主流

パッと見ではちょっぴり地味〜なスイーツに見えますが、台湾の若者も大好きな一品。また柔らかく煮た緑豆をミルクと合わせてミキサーにかけた飲み物「緑豆沙」も夏のドリンクスタンドでは大人気です!

冬はあったか心も温まる、おしるこ系スイーツを♪


◯紅豆湯(hóng dòu tāng/ほんどうたん)


緑豆を夏に食べる一方、中国語で紅豆とは小豆、湯とはスープのこと。つまり「紅豆湯」は小豆スープのことで、日本の温かいお汁粉をさらっとさせた感じのものをイメージしてください。台湾は真夏のスイーツが多いイメージですが、冬にはこの温かい紅豆湯+トッピングというのが王道。小豆の栄養素は言わずもがな、女性のアンチエイジング食品としても人気です。

◯花生湯(huā shēng tāng/ふぁーしぇんたん)


花生とはピーナッツのこと。ピーナッツを甘く柔らか~く煮たスープが花生湯です。ほんのり甘く温かい花生湯に、湯圓(あんこの入ったお団子)や油條(台湾風揚げパン)を入れて食べるのが、もうたまらなく美味しい!これはなかなか日本では再現できない味わいです。

もうお店で迷わない!台湾スイーツのトッピング

さて、今回ご紹介してきた台湾スイーツ、それぞれベーシックなトッピングが載っていることも多いですが、実はずらりと並んだ様々な種類のトッピングから、さらに自分でカスタマイズすることができます。

場合によっては「豆花+3種のトッピング」でいくら、という価格設定をしているお店なんかもあります。カウンターにずらりと並ぶ色とりどりのトッピングに思わず目が奪われて、あれもいいな〜これもいいな〜と迷いがちだけれど、自分の番が回ってきたら、ぱぱっとトッピングを数種類選ばないといけなくて、これが慣れるまで結構緊張するところ。焦るあまり、ついいつも同じものを選んでしまうのは、台湾ツウも一緒です^^;

そこで!代表的なトッピング(配料(pèi liào/ぺいりゃお))をここで一緒にご紹介。
これ食べてみたい!これは挑戦したことなかった!というもの、是非チェックしてみてください♪

台湾スイーツの王道トッピング一覧!

  • ・紅豆(hóng dòu):甘く煮た小豆
  • ・大紅豆(dà hóng dòu):甘く煮た金時豆
  • ・綠豆(lǜ dòu):甘く煮た緑豆
  • ・芋頭(yù dòu):甘く煮たタロイモ。ほくほくしてます
  • ・地瓜 (dì guā) :甘く煮たサツマイモ。台湾のサツマイモはオレンジ色で甘さも濃厚
  • ・薏仁(yì rén):柔らかく煮た、ハトムギ
  • ・麥片(mài piàn):柔らかく煮た、オートミール
  • ・花生(huā shēng):柔らかく煮た、ピーナッツ
  • ・蓮子(lián zi):柔らかく煮た、蓮の実
  • ・蒟蒻(jŭ ruò):こんにゃく
  • ・布丁(bù dīng):プリン

<もちもちお団子系シリーズ>

  • ・粉圓(fĕn yuán):色付きタピオカ
  • ・芋圓(yù yuán):タロイモ・サトイモから作られた団子(グレーのお団子)
  • ・地瓜圓(guā yuán):サツマイモから作られた団子(オレンジのお団子)

  • ・包心粉圓 (bāo xīn fĕn yuán): 真ん中に餡の入っているタピオカ。カラフルで、抹茶餡、胡麻餡、葡萄餡など色んな味があります

  • ・小湯圓(xiǎo tāng yuán):紅白の白玉団子

  • ・粉粿 (fĕn guŏ):サツマイモの粉から作られたわらび餅のようなもの(写真の黄色いもの)
  • ・米苔目(mǐ tái mù):米粉から作られた麺(写真の白いうどんのようなもの)

ちなみに、どのトッピングが合うかわからないときは、お店の人にオススメを聞いてみてもいいかも。私は初めていくお店なんかでは、「有推薦的嗎?(オススメありますか?)」と聞いてみることが多いです。店員さんのオススメでハズレはありません♪

台湾女子の美の秘訣!?王道スイーツまとめ

いかがでしたか?
日本でスイーツといえば、パンケーキやチョコレートやアイスなど洋風なものが多いですが、こうして見てみると、台湾女子たちが普段からいかにヘルシーで美容に良いスイーツを食べているかよくわかりますよね。

罪悪感なく(!?)毎日スイーツを食べられるのも、台湾旅行中の特権♪
日本ではなかなか見かけないものばかりなので、台湾にきたら、是非いろいろ試してみて下さいね!そして、台湾女子と同じく、カラダの内から綺麗になっちゃいましょう♪

RELATED関連する記事